読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわ日記

ゆるふわだよね。

まどろみ

    憂鬱な春が終わって憂鬱な夏になるのを感じる。春は失う季節だって誰かが言っていたね。生まれてからずっと春で、失うことでしか幸せになれない人のことをどうか忘れないで。夏の雲は流れると言うより泳ぐかな。だからそれは水しぶきで、夏の雨は嫌いじゃないかな。青春ってきっと、自転車を押して歩くことだったり、雨宿りだったり、影だったり、橙色だったり、するんだろうな。ずっと、綺麗なものは綺麗なままで。それは、硝子が割れる音だったり、時計の秒針を逆に回すことだったり、乾いてもいなければ濡れてもいない。冷たいけれど温かい。誰かが窓を開けてピアノを弾いているってことなんだ。君は教科書なんか読んでいない。ただその先には無形の美しいものがあった。君の目はただの水晶玉で、でもそれは紛れもなく綺麗なもので、色はなく、無限の透明さ。目の前でどんな悲劇が起ころうと決して濁ることはなく、追っても追ってもその先を捕まえることはできない。きっとそこには意味のない完璧な世界があるんだ。例えこの先ずっとずっと不幸でも、消えないものがひとつだけあればいい。蜜柑色の夏が始まる。年を重ねて、手の届かない場所は減った。しかし距離は縮まっても決して触れることのできない雲の様な。あそこを泳ぐ雲の様な。向日葵が咲くことだけが夏なんだ。森で少女を見たんだ。かつて僕たちのおもちゃは、あまりにも青い空とあまりにも強い陽射だけで十分だった。どうか儚さに気付かないでいて。風鈴の音が聞こえなくなる前に。自分の目に映るものだけが世界だから。眠りについて。時間を憎む前に。君の視線の先だけが夏だ。このままずっと夢の内容を語り合おう。あと少しだけ起きていよう。憂鬱なまどろみに包まれながら。夏の始まりは限りなく透明な橙色だったろう。